トップページへ樹脂繊維作業用品TOPIC会社概要


WWW を検索
EPOCH内を検索
Google

■ポリエステル
■エポキシ
■シリコ-ン
■アクリル
■ウレタン
■KIT


■ガラス
■カーボン・ケブラー
■溶剤・硬化剤
■離型剤
■パテ・粉
■顔料


■刷毛・ローラー
■ペーパーセット
■容器
■工具



■成形品の作り方
■FRP補修
■FRP防水の手順
■浴槽リフォーム
■チャレンジHK
■ユーザー事例
■スクール生募集



■会社概要
■お問い合わせ
 

下地の調整

表面処理・平面処理・清掃

まず最初に防水を行う箇所の下地処理を行います。
作業手順は下記にしたがって行います。

1:下地を十分乾燥させます。
水気があると防水処理をした後 剥れや浮きの原因になります。

2:古いコンクリート、モルタル、鉄板、木材の場合は表面のゴミ、汚れを除去。劣化部は取り除きます。また凸凹部はコテやサンダーなどで削り平面にしましょう。また古い目地等も取り除きます。


3:新しいコンクリート及びモルタルの場合は3週間以上放置し十分乾燥してから作業に取り掛かります。



特に無し
下地処理では特に必要な材料はありません。
防水工事TOPに戻ります。

EPOCH CORPORATION.
©2004 epoch-net.co.jp All Rights Reserved.